症状別☆ぴったりの歯医者の探し方

歯医者について

私達人間は、食物などを咀嚼して栄養を摂取することによって肉体を維持しています。
この物を咀嚼するのに必要不可欠な物が「歯」です。
この歯という物は、人間だけではなく動物や魚などにとっても重要な物であり、歯無しで生きていくのはほぼ不可能であると思われます。
そんな重要な物である歯ですが一生を終えるまでそのままの状態を維持しているかと言うと、そうではありません。
ちゃんとしたケアや生活などを正していなくては、歯はあっという間に弱体化してしまう非常にデリケートな場所だと言えます。
そんな歯の弱体化の最たるものが「虫歯」です。
この虫歯は、昔の人間には少ないものでしたが近年の食生活の発展や硬い物などを食さなくなったことなどが原因で、増加の一途をたどっているようです。
これは、私達人間だけではなく動物、特にペットにも言えることです。
近年では、ペットフードの発展などが原因で、犬なども人間と同じような虫歯などの病にかかるようになってしまっています。
そして、そんな虫歯などの病気を治療してくれるのが「歯医者」と呼ばれる職業の人々です。
一般的に医者といえば、外科医や整形外科医や内科医などの印象が強いと思いますがこの歯医者も歴とした医者であり、治療する場所が専門的な医者であると言えます。
では、歯医者である歯科医師とは、どのようなものかと言うと、これは、歯学に基づいて傷病の予防や診断及び治療、そして公衆衛生の普及を責務とする医師のことを言います。
日本では、その職務などに関しては、歯科医師法という法律によって規定されています。
また、この歯科医師という職業は、「業務独占資格」及び「名称独占資格」に該当する医療資格です。
そして、この歯科医師達が勤務するのは、総合病院など大きな複合病院であったりと色々ありますが世の中には、歯医者であったり、クリニックであったりといった独立した歯科医院というのが多々あります。
これらも、もちろん勤務先になります。
近年では、歯科医院が増えすぎていて、一種の飽和状態になっているのが現状になっています。
一般的には、歯医者という言葉は、歯科医師だけを指す言葉というよりも、歯科医院もセットでの呼称として、「ちょっと、歯医者行ってくるわ」や「今日、歯医者なんだよね」などのように使われるのが多い言葉だと思います。
このように、歯は生き物が生活する上で重要な物ですが近年の食生活などの変化に伴い、虫歯などになってしまう人が増加していて、歯医者に一度もかかったことが無いという人は、かなり稀であると言われる程に一般的な病として定着していて、患者の数に比例して歯科医院の数も増えてしまって飽和状態になっているというのが現状のようです。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2016症状別☆ぴったりの歯医者の探し方.All rights reserved.