症状別☆ぴったりの歯医者の探し方

良い歯医者の見分け方

一般的に、歯医者という言葉を聞くと、「楽しい」や「明るい」などのプラス嗜好の考え方よりも「痛い」や「嫌だ」や「行きたくない」などのマイナスイメージを持ってしまう人の方が多いのではないかと思います。
それは、病院であるためしょうがないのかもしれませんがそれでも「他の病院は大丈夫だけど、歯医者は苦手」というように、歯医者にだけ特別苦手意識を持っている人もいるようです。
私達患者側の人間がこの苦手意識よりも先に悩まなければならないのが「どの歯医者に通うのがいいのか?」ということだと思います。
私達には、実際にその歯医者に行ってみない限り、その歯医者の善し悪しを判断するのは難しいと思います。
この世の中に、歯医者や歯科医院は無数に存在しているのに、その歯医者を比較していたりと言った情報は、ほとんど聴こえてこないのが現状のようです。
では、皆が満足出来る「良い歯医者」の定義とは、いったいどのようなものなのでしょうか?
事実上、皆に評価される良い歯医者の定義を示すのは、ほぼ不可能に近いです。
なぜなら、感じ方は人それぞれだからです。
結局は、ネットやテレビなどで取り上げられている「良い歯医者」に行ってみても、自分にとって良い歯医者だとは限らないということです。
このように、専門家が評価した歯医者よりも、やぶだなんだと悪い評判がある歯医者の方が自分に合う場合も多々あるということです。
私達患者が歯医者に求めるものは、結局、痛くなく、歯を抜かずに治療してくれる歯医者であるため、良い歯医者と良くない歯医者の違いは、自分との相性だと思います。
例えば、「場所」もそうですが遠い距離をわざわざ歯医者のために移動しなくてはならない場合は、自宅から近い歯医者に比べて、行かなくなってしまうことが多いです。
また、先生や看護師との相性も重要です。
歯医者に限らず、病院での治療には、医者と患者の信頼関係というのが重要になってくると思います。
看護師の対応や接し方が悪かったり、医者が信頼出来ない場合は、その歯医者は良くない歯医者であると言えるのではないかと思います。
逆に言えば、医者が信頼出来て、看護師の対応や接し方が丁寧である歯医者は、人はどうあれ自分にとっては「良い歯医者」と言ってよいのではないかと思います。
結論としては、歯医者は実際に行ったことがある人の口コミか、実際に行ってみない限り、その歯医者の自分にとっての善し悪しを判断することは難しいため、場所や営業時間などを調べて自分の環境に適合しそうな歯医者に行ってみるのが良いのかもしれません。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017症状別☆ぴったりの歯医者の探し方.All rights reserved.