症状別☆ぴったりの歯医者の探し方

矯正歯科の概要

基本的に歯科というのは、一般的ないわゆる歯医者と呼ばれる歯科以外にも複数の科が存在しています。
歯科と一緒にあることが多く、聞いたことがある科としては、「小児歯科」と呼ばれる歯医者です。
これは、歯科と同様な治療を施す科ですが対象年齢を低くしている分、それを配慮した治療が行われています。
それらと同様に、歯科と併設されることが多い科に「矯正歯科」と呼ばれる科があります。
基本的に、これらの科は歯科の診療科の一種とされています。
この矯正歯科とは、どのようなものなのかと言うと、これは歯科の診療科の一つであり、不正咬合や顎変形症などを治療する歯科になります。
また、この矯正歯科は「標榜科」としても認められています。
実際には、ワイヤーなどによる矯正力によって、歯を正常な位置に移動させたり、あるいは上顎骨や下顎骨の形態変化を起こすことによって、審美性や顎口腔機能の回復やその予防などを主な目的または治療方法としています。
特に不正咬合は、多くの疾患や機能障害の原因になることが多いため、この不正咬合を改善し取り除くことが出来る矯正歯科の役割というのは非常に大きいと言えると思います。
日本では、審美目的の矯正などでは保険が適用されないため、一般的に約60万から120万という大金が必要になります。
しかし、アメリカなどの海外では、保険が適用されるため、アメリカでは幼少期の間に矯正治療をするのが普通と言われています。
この矯正歯科医師を束ねる「日本矯正歯科学会」が「学会認定専門医制度」というのを採用しているため、矯正歯科医師の階級的なものとして「専門医」「指導医」「認定医」などに区別されています。
このように、日本での矯正歯科というのは、不正咬合や顎骨などの矯正を様々な疾患への予防またはその症状の改善を目的とした、つまり医療目的が主であり、矯正歯科にかかる患者も少ないようですがアメリカなどの外国では、医療目的はもちろんですがそれよりも、審美目的といういわゆるエステなどに通うのと同様の感覚で、幼少期に一度は矯正歯科に通うのが普通であるというように、日本と外国では、矯正歯科に通う理由やその重みが全然違うというのが良くわかりました。
矯正歯科も正規の診療科である以上、いかなる治療に置いても保険が適用されるようになることは、国民の大半が願っていることなのではないかと思います。
法律や制度の改正を検討しているという声も聞いたことがありますが現在まで、実行されていないのが現状です。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017症状別☆ぴったりの歯医者の探し方.All rights reserved.