症状別☆ぴったりの歯医者の探し方

小児歯科とは

歯医者と併設されていることが最も多いのではないかと言われているのが「小児歯科」と呼ばれるものです。
一般的な歯科というのは、歯科のみという医院ももちろん多数ありますが歯科関係の診療科と併設されている場合も多々あります。
その中でも、多いのがこの小児歯科という診療科と歯科の併設医院という形だと言われています。
では、この小児歯科とは、どのような診療科なのかと言うと、これは文字通り小児つまり子供を治療することを目的に作られた診療科のことを言います。
厳密に言えば、小児歯科は一般的に成人に至るまでの患者を担当する歯科医院のことを言います。
病院や歯科医院などによっては、18歳までの患者しか受け付けなかったり、障害者である場合は、20歳を超えていても受け付けてくれる場合もあるなど、病院や歯科医院の形態によって違いがあるようです。
小児歯科が歯科とは別の診療科として存在しているのには、やはり理由があります。
まずは、治療の違いというのがあり、これは、やはり20歳を超えた成人した人間と未成年とでは、歯から痛みの感じ方や痛みに耐えられるかなどの違いがあるのは当然です。
一般的な歯科の場合は、虫歯などの治療に差し歯や入れ歯などを使用する場合も多々ありますが小児歯科に通う患者は、中学生や高校生は別ですがそれよりも年下の子供達は、新しい歯が生えてくるため、治療方法も普通の歯科と全く異なったものになるなどの様々な違いがあります。
そして、小児歯科の先生や看護師は、一般的な歯科に比べて、成長発育などの知識はもちろんですが他にも、親への歯科指導などを行う必要性や必然性があります。
やはり、未成年の頃から、歯医者に通う必要がある人のほとんどは、歯の磨き方など様々なものが正しくないまたは、やっていないなどが原因になる場合が多いため、それらを本人や保護者に指導して、改善する必要があり、またその段階からなら、歯が生え変わってからの正しい歯のケアに間に合うため、小児歯科での歯科指導は必要であると言えると思います。
また、小児歯科では、コミュニケーションと行動科学に重きを置く診療科でもあります。
大学病院などでは、医科の小児科と連携して治療を行う場合も多いと言われています。
このように、小児歯科は年齢だけを見れば基本的には、成人前までの未成年を対象としていますが特に、歯が生え変わる前の小学生や小学生以下の子供に対しての治療や指導などを行うということが最も重要なことなのではないかと思います。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017症状別☆ぴったりの歯医者の探し方.All rights reserved.