症状別☆ぴったりの歯医者の探し方

口内炎の概要と原因

口腔内の病気で、ひょっとしたら中には「虫歯になったことがない」や「歯医者に通ったことがない」という奇跡のような人がいるかもしれませんがそんな人でも一度ぐらいはなったことがあるのではないかと思うのが「口内炎」という病気です。
誰でも一度は、「朝起きた時の痛み」や「醤油がしみる」などの経験があるのではないかと思います。
この口内炎は、口の中や舌の粘膜に起きる炎症の総称になっています。
また、症候の一つになっています。
口内炎は総称であると言われているように、様々な種類があります。
細菌感染によるものである「カタル性口内炎」であったり、ウイルス感染によるものである「単純疱疹」であったりと様々ですが中でも、この「アフタ性口内炎」というのが一番発症しやすく、一般的に「口内炎」といえばこれを指すことが多いと言われています。
口内炎は見た目からは「カタル性口内炎」「アフタ性口内炎」「潰瘍性口内炎」に分類されます。
また、痛みの有無から「有痛性口内炎」と「無痛性口内炎」に分類されています。
他にも「放射線性口内炎」などがあります。
口内炎の原因としては、細菌やウイルスに感染することによって発症するものもありますが多くを占めるアフタ性口内炎については、その発症の仕組みとして次のことが考えられると言われています。
しかし、現在の医学では正確には解明されていません。
免疫学的異常が関わっているのではないかという説もあります。
まず、一つ目は「偏食による鉄分やビタミンの不足」、二つ目は「ストレスや睡眠不足」、三つ目は「不正咬合や歯ブラシなどによる粘膜への物理的刺激」例えば口内を噛むなど、四つ目は「唾液の不足や口腔の乾燥」、五つ目は「口腔内の不衛生」というように様々な可能性や原因があります。
また、口内炎になりやすい体質の人もいますし、ビタミン欠乏症の症状の一つとして口内炎が現れる場合もあります。
ただし、これらの原因は、あくまでも可能性の域を出ないため、正確に何を予防すれば口内炎を防げるかというのはわかっていません。
この口内炎は、人間だけの病気ではなく、犬や猫などの動物にも発症することがあります。
基本的に口内炎は、一定の期間が経過すると自然に治りますが歯科医院や病院などに言った場合の治療としては、直接塗るタイプの薬や飲み薬などやレーザー治療などがあります。
民間療法としても、複数の治療方法が広まっていますが本当に治るか定かではありません。
このように、基本的には命に関わることもなく、自然治癒出来る場合が多いですが心配な場合や早く治したい場合などは、歯科医院に行ってその歯科医師の治療方針に従って治すのが一番良いと言えると思います。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017症状別☆ぴったりの歯医者の探し方.All rights reserved.