症状別☆ぴったりの歯医者の探し方

審美歯科とは?

私達が一般的に歯医者と聞いて思い浮かべるのは、虫歯を治療したり、差し歯や入れ歯のなどに関するいわゆる「歯科」だと思います。
しかし、歯科はそれだけではなく、ワイヤーなどによる矯正を主にしている「矯正歯科」や未成年を主な患者として扱っている「小児歯科」などは、歯科の診療科の一種として知られています。
これらに、似たような形式で存在している「審美歯科」という歯科があることを知っているでしょうか?
この審美歯科とは、何を主にしている歯科なのかというと、この審美歯科は歯の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のことを言います。
歯が健康そのものであるということは、様々な面で好影響をもたらすため、スポーツ選手などの集中力を必要とする職業や芸能人のようにテレビに出演することを職業としているような人々にとっては、体や歯などの健康を維持することが重要であると言われています。
しかし、このようなメディアに出演するような人々にとって、歯の健康と同じくらい重要なものが「歯の審美性」であると言われています。
審美歯科の理念としても、歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、どちらも健康に関して重要な要素であるとしています。
しかし、健康に必要な要素としているのにも関わらず、健康保険制度での治療は機能的な歯科治療に偏重しがちであるため、審美歯科のような治療を行うには限界があると言われています。
これはつまり、歯を綺麗にするための治療に保険を適用することは出来ないということであり、つまり、自分で全額を負担してくださいと言っていることになります。
アメリカなどの外国では、審美歯科でも保険が適用されるため、子供のうちに審美歯科に通っているというのが一般的になっています。
この違いは意外と大きいのではないかと思います。
日本歯科審美学会では、歯科審美学を「歯科審美学とは、顎口腔における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である。
」というように定義されています。
審美歯科は、歯を綺麗にするための歯科であるとされていますが具体的に、どのような治療をするかというと主に、「歯列矯正」や「ホワイトニング」や「オールセラミック」などやその他の特殊材質による「人工歯」などがあります。
このように、歯を美しく保つのも健康には大事なことと言っているのに、現状では保険を適用していなかったりと日本の審美歯科に対する意欲は他の国に比べて弱いと言われています。
現代人は、特に歯が脆い世代であるため、このような歯をケア出来る医院をもっと身近な物にしてもらいたいと思います。

お勧めの歯科情報はこのサイトで知ろう!

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017症状別☆ぴったりの歯医者の探し方.All rights reserved.